クォン・サンウ2

「青春漫画」で幼なじみの女の子(キム・ハヌル)をずっと見守る役を演じたクォン・サンウ
一途に一人の女性を思い続ける役柄が多いけど「自分もそうです。」ってインタビューに答えてたなぁ、なんてステキ。
そういえばキム・ハヌルとクォン・サンウはデート写真流出とかで熱愛説もあったわね。
結婚説まで出てたよね。
「おいしいプロポーズ」で共演のソ・ユジンとも噂があった。
でもクォン・サンウの恋人になったらいつでも心配よね。
去年のインタビューでは「結婚の予定はない」といっていたけど、「3年以内にはしたい」とも。
あたしも3年以内ならオッケイです。(爆)
そうそこれはスターには付き物だけど整形の噂もあるよね。
整形前の顔の写真というのを見たけど、うーむ・・・やっぱりしたのかもね。
でも今が最高ならいいんじゃないの?

2005年の全国民が希望する熱愛説(韓国って面白いことするよね)ではクォン・サンウとキム・ヒソンが第一位に輝いていたのにね。
まあ、とりあえず共演者というのは熱愛報道の格好の対象なんでしょうな。
左手の薬指の指輪はかの女からもらったものではないとクォン・サンウ自身がいっていたけどどうなの?

今の最新情報としてはSBSのドラマ「悪い愛」に出演するとか聞いたわ。
5月から放映されるらしい。
早くクォン・サンウの新作が見たいわ。
新しい写真集も待ち遠しいです。
あと1月にはルイ・ヴィトンのファッションショーに招待されてフランスに行ったとか・・・
そういえばクォン・サンウ自身、アンドレ・キムのファッションショーに出てますよね。
Best friendのソン・スンホンもキムのモデルをやっていたなぁ。

ここ数年デマや暴力団からの脅迫などスキャンダルに苦しんできたクォン・サンウ
金に汚いとか暴力団と自ら関係しているとかよくないニュースがいっぱい。
中央日報の言い逃れ、盗撮写真の流出
でも今年は新しいドラマや映画で韓国にクォン・サンウありというくらいの大活躍をしてほしいものです。

今これを書きながらクォン・サンウ中道派というサイトを発見して読みふけってしまいました。
すごく面白いです。
社会的な視点から韓流を見てるちょっと変わったファンサイトです。
ファンだからといってスターを甘やかさずに冷静に判断してます。かっこいい!
クォン・サンウに夢中なの!恋してるんだもん!」と無批判に肯定する姿勢をちょっと反省。

まあ私もあまり深みにはまらぬよう、せいぜい壁紙や無料動画を集めて動画アルバム作るくらいのファンにしておいたほうがいいのかな。
韓流通販ショップを利用したり、クォン・サンウストラップを付けるようになったらちょっとやばいすね。
毎日カレンダーのクォン・サンウ見て満足するわ。


★韓流スター列伝TOPへ


posted by kan at 16:00 | クォン・サンウ

クォン・サンウ1


クォン・サンウ
《プロフィール》
生年月日: 1976年8月5日
身長・体重: 183cm、70kg
血液型: O型
趣味: 運動(水泳、バスケットボール、スポーツジム)

クォン・サンウ《代表作》
ドラマ:「神話」「天国の階段」「悲しき恋歌」
映画:「ひとまず走れ」「恋する神父」「青春漫画」「美しき野獣」「マルチュク青春通り」

チェ・ジウと共演した「天国の階段」でブレイクしたクォン・サンウ
彼の魅力は一言で言えば「可愛い!」
モムチャンでけっこうマッチョだし、決して美少年タイプではないけれど、子犬のような笑顔が可愛い。
I Love クォン・サンウです。
「天国の階段」はもちろんのこと、
DVD夜心萬萬のピもすてきだけどやっぱりクォン・サンウが一番可愛い。
初恋や友情を描いた「マルチュク青春通り」の熱いクォン・サンウも超ナイス!
the face shopのCMシリーズも大好き!
琉球もろみ酢のCMはまだ見ていないのよ。
もうloveloveクォン・サンウなのだ。

この前ネットでクォン・サンウがデザインしたオリジナルネックレス見つけたけど、もう販売中止していたわ。
「美しき野獣」でクォン・サンウとユ・ジテが着用したスーツがオークションに出ていたり、AERAのクォン・サンウ特集の号がオークションに出ていたり。
去年は西武ドームでチャリティイベントにも出演したようだし・・・
新米ファンなのでクォン・サンウの情報集めにネット上を右往左往してます。
毎日クォン・サンウの情報探してサイトからサイトへ。
最近はyoutubeがあるから助かるわ。
CSWS「天上偶像」とかにクォン・サンウの新年の挨拶とか動画やいい情報がいっぱいあるみたいなんだけど、なにしろ韓国語なので(涙)
たぶん会員制になっているようなのだけどこれもよくわからない。
トップページの動画はありがたく見せていただいてます。
クォン・サンウに無我夢中とか、
dream of sangwooもステキなクォン・サンウのファンブログ。
クォン・サンウ☆any timeも画像と情報いっぱいでちょくちょくお邪魔します。
クォン・サンウ公式サイトはちょっと問題ありのようですね、今は会員の募集もしてないようです。
あとはブロコリとかかな。

クォン・サンウの画像を探しているとけっこう裸の写真があるのよね。
モムチャンだからなぁ、無理もないか。


★韓流スター列伝TOPへ
posted by kan at 21:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | クォン・サンウ

ソン・スンホン2

復帰とともにグッズの発売も充実してきてカレンダーをはじめ、2006年秋には、 ソン・スンホン フォトエッセイ集 プレミアムボックス『旅立ち』が発売され、2月28日にはソン・スンホン写真集『太陽(テヤン)』プレミアムボックスも発売されます。
これは写真集完全撮り下ろし150〜200ページにインタビュー入りメイキングDVD60分、携帯ストラップ、ポスター(A2)、メッセージカード、国際電話カードまでがついた豪華版。
待ち遠しいです。

もともと端正な顔立ちだったのが兵役生活で一層引き締まり,
ますます「私の王子様」候補bPです。
あまりに端正な顔立ちに整形のうわさも出るほど。

とにかく今の注目は除隊後復帰作となるドラマと3月のさいたまスーパーアリーナでのソン・スンホンジャパンミーティング2007ですね。
すでに売り切れになっていたチケットは追加指定席を発売中のようです。
またこのファンミにもソン・スンホンssiに夢中のファンが大集結しますね。
とにかくファン心理としてはソン・スンホンのすべてを知りたいのです。

今年はソン・スンホンの時代の幕開けの年になりそうですね。
いまやペ・ヨンジュン、イ・ビョンホン、ソン・スンホンら韓国俳優は韓流の冠をとってもスターになったのです。

ソン・スンホン主演ドラマ
「男女6人恋物語」「美しい彼女」「あなた、そして私」「勝負師」「Happy Together」チェ・ジウと共演した「ラブ・ストーリー」「ポップコーン」日本でのソン・スンホンブームのきっかけになった「秋の童話 」「ロー・ファーム」「夏の香り」

ソン・スンホン主演映画
「ホワイトクリスマス 恋しくて、逢いたくて」「クローサー」クォン・サンウと共演した「ひとまず走れ」「氷雨」「あいつは格好よかった」

★韓流スター列伝TOPへ
posted by kan at 11:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | ソン・スンホン

ペ・ヨンジュン2

とにかくぺ・ヨンジュンは韓流ブームを巻き起こしたのはもちろん、ヨンさま自身が一大社会現象になった稀有なスターといえるでしょう。
ポスター、カレンダー、写真集、DVDはもちろんフィギュアやキルトまでさまざまなペ・ヨンジュンのグッズが発売され、これがまた激売れ。
以前はこういうグッズはマニアックなお店でしか手にはいらなかったのに今では楽天にペ・ヨンジュングッズがひしめいています。
最近ではペ・ヨンジュンお気に入りのクラシックを演奏するクラシックコンサートやペ・ヨンジュンを描いた絵画展なども。
彼が選曲したクラシックはCDにもなってます。

去年11月に開催された「韓流EXPOinASIA」では4000人以上の日本人ファンが済州島に集まったとか。

また去年夏には白金台にペ・ヨンジュンプロデュースの韓国レストランKorean Cuisine「高矢禮(ゴシレ)」もオープン。
ヨンさまの店として人気を呼んでいるそうです。

一時のブームではなく確実に日本での地位を築いた感のあるペ・ヨンジュン。
「冬のソナタ」の貴公子然としたヨンさまから、鍛えたモムチャンを披露したりとよりアダルトな魅力も見せてくれるペ・ヨンジュン
これからも目が離せませんね。

★韓流スター列伝TOPへ
posted by kan at 11:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | ペ・ヨンジュン

イ・ビョンホン2


「夏物語」韓国語の原題は「その年の夏」というそうです。
共演するスエという女優さんは今まで知らなかったけど、清楚な雰囲気で今回の映画のヒロインにピッタリ。
「甘い人生」で演技力を高く評価されたイ・ビョンホンが「夏物語」のまったく違う役どころでどんな芝居を見せてくれるか楽しみですね。
韓国俳優の中でもイ・ビョンホンの演技力はピカイチです。
映画「甘い人生」の演技は韓国国内の映画祭で、最優秀主演男優賞3冠達成してるんですって。

「ポリス」の頃はまだ若くて演技も荒削りだったけど最近のイ・ビョンホンは本当に繊細な芝居をしてくれます。
日本の韓流ファンだけでなく韓国での評価も高いのはうれしいですね。

今度来日する時は成田まで行こうかな。
もうエブリディ イ・ビョンホン サランヘヨです。
ひざ掛けは遠慮しますが、サマンサ・タバサのイ・ビョンホンがデザインしたクロスネックレスはちょっと欲しいな。
ビョンビョンはサマンサ・タバサのメインモデルですがそれだけでなくプロモーションモデル兼デザイナーだそうな。

とにかく「美しき日々」を見て以来、エブリディ イ・ビョンホンに恋してます。
「恋愛中毒」をみてイ・ビョンホン中毒になりました。
整形疑惑(疑惑ではなく真実らしい)もあるけどかまいません。
イ・ビョンホンのニュース、最新情報を求めて掲示板、2ちゃんねるをさまよい、YouTubeで動画を集めて動画集を作る。動画サイトGyaOでビョンホンシのドラマをチェックし、写真集を見てはため息の日々。
ファンサイトやホームページめぐりをしていて発見したんだけど、二次小説みたいにイ・ビョンホンのドラマや映画も創作文が作られてるのね。
ドラマのその後を書いたまっとうな小説もあるし、かなりアダルトな想像小説も…ふらふら
みんな熱いね。

ところでソン・ヘギョ以来恋人はいないのかしら。
去年の熱愛報道も法的措置で否定したし…。

次回の来日予定はいつかなぁ。
イ・ビョンホン全国フィルムツアーはいつかなぁ。

★韓流スター列伝TOPへ
posted by kan at 04:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | イ・ビョンホン

イ・ビョンホン1


「夏物語」で今話題のイ・ビョンホン
1月16日の来日ではいつも見ている画像どおりのキラースマイルを魅せてくれました。
チェ・ジウと共演している時は小柄に見えたけど身長178cm、けっこうモムチャンです。
今回のイ・ビョンホン来日スケジュールは映画「夏物語」のプロモーションがメインだったようです。
来日の感動も冷めないうちに「ひまわり」を見たのでますますイ・ビョンホンに浸る日々です。
ひさびさにソン・ヘギョと共演した「オールイン」のDVDも見ようかな。
かってはイ・ビョンホンの彼女だったソン・ヘギョ。
それを思うと感動もひとしおです。
いずれイ・ビョンホンのブログ作ります。
「夏物語」の試写会見たかったなぁ。
試写会プレゼント当たらなかったんだもんもうやだ〜(悲しい顔)
そういえば映画『夏物語』ジャパン・プレミア試写会ではイ・ビョンホンの舞台挨拶のあと藤井フミヤも登場したらしいですね。
彼は「夏物語」日本版エンディング・テーマを歌っているらしいです。
これは絶対に映画館で見たい映画ですね。
予告篇の動画を見たけどいい感じでした。
チェ・ジウと共演した「誰にでも秘密がある」はイ・ビョンホンはかっこよかったけど微妙な映画でしたが、「夏物語」は文句なく感動できそうです。
イ・ビョンホンに浸る日々の中で壁紙も「夏物語」に。
壁にはイ・ビョンホンのカレンダー、愛読書は「イ・ビョンホンの時代」
毎晩「イ・ビョンホンin東京ドーム」のDVDを見てから寝ています。
彼の歌った「PROMISE〜約束〜」は最高ですぅ。

「夏物語」のイ・ビョンホンは一生結ばれなかった1人の女性を愛し続ける役。
ああ、イ・ビョンホン大好き!
楽天ブログにこんなタイトルがあったなあ。
その気持ち分かります。
来日の際、成田空港につめかけたイ・ビョンホンファンはみんなそういうでしょう。
朝鮮日報とイ・ビョンホン公式サイトは常に要チェックですね。
イ・ビョンホンの最新情報はここで手に入れることが多いです。
公式サイトでは予告篇の動画を見られますよ。
ただファンではありますがイ・ビョンホンのイラストがついた「ひざ掛けブランケット」は微妙だなぁと思います。

★韓流スター列伝TOPへ

posted by kan at 04:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | イ・ビョンホン

ソン・スンホン1


去年除隊して芸能界に復帰したソン・スンホン
除隊後初のアジアファンミーティングは彼の復帰を待ちに待っていたアジア中のソン・スンホンファンが終結し大成功でした。
このファンミーティングも除隊記念の写真展も韓国で行われたにもかかわらず非常に多くの日本のファンが詰め掛けています。

その後の初来日は日本のソン・スンホンファンにとっての一大イベント。
まず到着した成田空港には6000人のファンがお出迎え、ソン・スンホンはそのままフジテレビに直行しイベント「HOT★FANTASY ODAIBA 2006−2007」に参加。
イベントには20万通の応募から抽選で選ばれたファン100人を含む350人のファンしか入場できず、会場付近には中に入れないファン7000人が終結しお台場は騒然となったようです。
この来日でソン・スンホンはフジテレビの情報番組への出演、人気番組「SMAP×SMAP」への出演などをこなし3日間の滞在で忙しくスケジュールをこなして帰国。
スマスマでのビリヤード対決ではチョナンカンと韓国語で会話、あのキムタクに少しも引けをとらぬルックスでファンを増やしました。
記者会見やソン・スンホン特番では流暢な日本語も披露してくれました。
滞在中の宿泊ホテルにもファンが詰めかけ、帰国の際にもまたまたソン・スンホンファンが空港に集結してのお見送り。
ヨンさま以来の大物韓流スターぶりを見せつけましたね。

2000年にソン・ヘギョと共演した「秋の童話」は日本だけではなくアジアのソン・スンホンファンを一気に増やした出世作といえるでしょう。
その後2004年には「悲しき恋歌」に出演が決っていましたが兵役逃れが発覚し急遽入隊。
ソン・スンホンファンは彼の除隊を待ちに待っていたのです。
それまでも私設のファンサイトはいくつもありましたが、2007年夏には公式ファンクラブ、ソン・スンホン ジャパン オフィシャル ファンクラブが発足。
秋の来日後テレビや雑誌などマスコミに登場する機会も増えて一気に新たなファンを獲得したようです。

公式ホームページだけでなくソン・スンホンを応援するブログ、ファンサイトも一気に増殖。
以前よりも彼の最新情報、ニュースを手に入れるのが楽になりました。
YouTubeに投稿される動画も多くなり、ネット上のソン・スンホン映像・画像の数もドンドン増えているようです。
毎晩の動画、画像集め、情報を求めてのソン・スンホン掲示板めぐりはファンにはもう日課です。
今日見つけた「スターを追いつめろ!男性俳優編 」にはソン・スンホンはじめ韓流スターの総合的情報が多くありました。
また朝鮮日報のサイトにも韓流スターの情報満載です。
2ちゃんねるも要チェック!

★韓流スター列伝TOPへ



posted by kan at 16:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | ソン・スンホン

ペ・ヨンジュン1

韓流ブームのさきがけとなった「冬のソナタ」、そしてその主役を務めたヨンさまことペ・ヨンジュン

ドラマ主演作「愛の挨拶」「若者のひなた」 「別れる6つの段階」「海風」「パパ」「初恋」ユン・ソナと共演した「愛の群像」「ホテリアー」チェ・ジウとの共演でブームに火をつけた「冬のソナタ」「大王四神記」
映画「初恋白書」「スキャンダル」「四月の雪」

「冬のソナタ」からずいぶんたちましたがいまだに人気は衰えません。
ブログの第一ページを飾るのはやはりこの人、今後は美しすぎるペ・ヨンジュンの最新情報を見つかり次第お伝えしていきますね。

ペ・ヨンジュンファンのみなさまは日夜写真や壁紙などの画像や動画、最新情報をもとめてネット上をさまよっていることと思いますが、やはり公式サイトを訪問するのが一番早いです。
ブロコリのペ・ヨンジュン公式サイトをご存知ですか?
プロフィールから画像、動画、DVDやフィギュアなどのグッズ情報、最新の情報、ペ・ヨンジュンに関する口コミを読んだりファン同士で交流できる掲示板など最新情報が満載です。
ここはペ・ヨンジュンファンサイトなのですがファンクラブのように掲示板ID登録制です。
こういう公式ホームページの掲示板にある情報はお宝が多いのでペ・ヨンジュンさまに関するいいもの、いい情報を探している方はまず訪問。
もっとディープな個人のホームページやブログなどのファンサイトへの情報もこういうところにあります。
ファンが撮影した写真やヨンさまがよく行く店なんて情報も得られるかも。
ペ・ヨンジュンの動画ならYouTubeでも検索すればいくつも見つまります。

もちろん韓国の公式サイトもいいものいっぱい。
ペ・ヨンジュンの良質の画像がたくさんあります。
ファンが撮った写真のギャラリーもあり会員登録すれば閲覧できます。


★韓流スター列伝TOPへ



posted by kan at 14:36 | Comment(1) | TrackBack(1) | ペ・ヨンジュン

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。