クォン・サンウ、プロモーションのため来日

クォン・サンウといえば今、ソン・スンホンと競演の映画『宿命』の撮影で忙しいはず。
もちろんそのプロモーションだったわけですが、お疲れ様でした。
昨年度までいろいろ悪いうわさやスキャンダルが絶えなかったクォン・サンウですが最近は快調のようですね。
これで『宿命』がいい出来なら、完全復活間違いなしですね。



★韓流スター列伝TOPへ


posted by kan at 23:49 | クォン・サンウ

リュ・シウォン TBSの連ドラにレギュラー出演

TBS刑事ドラマのカメラマン役として登場

“韓流のプリンス”と呼ばれるリュ・シウォン(34)が、日本の連ドラにレギュラー出演する。

31日付けのサンケイスポーツは、“韓流スター”リュ・シウォンが10月に放送されるTBSドラマ『ジョシデカ! −女子刑事−』に、初めてレギュラー出演すると伝えた。

リュ・シウォンは去る1月、NHK朝ドラ『どんど晴れ』に1週間特別出演し高視聴率を記録することに貢献し、2005年9月には日本テレビ『恋のから騒ぎ〜LOVE STORIES〜』のオムニバスドラマ『ひきこもりの女』にも友情出演した。

リュ・シウォンは『ジョシデカ! −女子刑事−』で、女刑事を演じる泉ピン子(59)と仲間由紀恵(27)と三角関係に陥るカメラマンパク・ジウォンとして登場する予定だ。

流暢な日本語のセリフで演技を繰り広げているリュ・シウォンは、共演する俳優たちに迷惑をかけないようにと、撮影の合間にもセリフを確認するなどの熱意を見せているとか。

ドラマ制作を総指揮する鈴木早苗プロデューサーは「ハードな刑事ドラマに、やさしさをプラスする人物として、“韓流のプリンス”に登場していただく」と明かした。

ドラマ『美しき日々』などで知名度を上げたリュ・シウォンは、歌手活動を並行し2005年4月にリリースした日本デビューシングル『桜』で、オリコンチャート2位を飾り、2006年7月には東京・武道館で1万人の観客が集まった中、公演を行った。

リュ・シウォンは「本格的な俳優としての姿をお見せすることになって嬉しい」「まだまだ、未熟なところがあるけれど、いいドラマをお見せできるように頑張りたい」と伝えている。

Copyright 2006(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.

さすがリュ・シウォン
どんど晴れ』での視聴率男ぶりが認められたんですね。
連ドラにレギュラー出演なんてすごい!
この前のツアーで「ボアのように日本で活躍するのが目標」と言っていたリュ・シウォンですが、案外その目標は早く達成されるかもしれませんね。

★韓流スター列伝TOPへ
  generated by feedpath Rabbit
posted by kan at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | イ・ビョンホン

リュ・シウォンがデザインした香水発売

タレントで歌手のリュ・シウォン(35)が、直接デザインした香水が発売される。放送エンターテイメント専門ショッピングモール・テレビ・ショップ・プラスは、30日「“リュ・シウォン香水106”を発売すると明らかにして「“リュ・シウォン香水106”は、香水マニアであるリュ・シウォンが、1年以上直接製品を企画してデザインした製品」と紹介した。

リュ・シウォン香水106”は、リュ・シウォンの誕生日である 10月6日から製品名を取った。容器のデザインは、ダイヤモンドの指輪を形象化したことで、「ファンとの永遠な約束」を意味している。香水の瓶も、リュ・シウォンがデザインした。またテレビ・ショップ・プラスは、韓国での初めての販売を記念して、リュ・シウォンの直筆サインが入った“リュ・シウォン香水106”の5点を、スターオークション競売商品に出品した。収益金全額は、恵まれない隣人に寄付する予定。

© Innolife & Digital YTN & Joynews24 & inews24


リュ・シウォンえらいなぁ。
成功者の王道を行ってますね。
利益は自分だけで享受せずに一部は人のために使う、というのが成功哲学には必ず出てきますもんね。
それが自然に出来るなんて若いのに対したもんだ。

★韓流スター列伝TOPへ
posted by kan at 23:40 | リュ・シウォン

クォン・サンウが私の街にやってくるかも!?

 韓国スターのクォン・サンウ(30)が27日、フジテレビ・関西系「27時間テレビ ウッキー!ハッピー!西遊記」(28日後7時〜29日後9時15分)への出演のため、成田空港に到着した。
イベントには4500人 サンウは約1年ぶりの来日。その姿をひと目見ようと空港には、約3000人の女性ファンが殺到。5月に来日したジョニー・デップ(44)の2000人を上回る大フィーバーで、サンウが姿を見せるや、ロビーには「クォン シー(さん)!」と黄色い声が響き渡り、中には泣きだす者もいるなど、周辺は一時騒然となった。
 さらにこの日は、東京・お台場で開催中の「ザ・冒険王」にも登場。炎天下の中、約4500人のファンに囲まれた。レッドカーペットをかっ歩し、熱気ムンムンの雰囲気の中「昨日は1年ぶりに皆さんに会えると思うと眠れなくて、1時間しか寝ていません。ドキドキです」と喜びを爆発させた。
 サンウは、05年にフジテレビ系「SMAP×SMAP」に出演。「27時間テレビ」の総合司会・香取慎吾(30)と共演した縁もあり、今回の出演が決まった。「香取さんとの約束があって来ました。まだ秘密ですが、(日本の)どこかに行くのではないかと思います」と、同番組が生放送される28、29両日に、日本のどこかの町に現れることをほのめかした。
[yahooニュース]クォン・サンウ来日で韓迎パニック

なんと!日本のどこか?
どこかってどこぉーっ?
でもひょとしたら私の街にも来るかもしれない、もちろんあなたの街にも・・・
あーそう思っただけでどきどきだー。

★韓流スター列伝TOPへ
posted by kan at 12:35 | クォン・サンウ

『コーヒープリンス1号店』ユン・ウネとコン・ユが義兄弟の縁を結び、さらに面白い展開に

「弟ででもそばに置きたかった」MBC月火ドラマ『コーヒープリンス1号店』の男同士(?)の主人公ハンギョル(コン・ユ)とウンチゃン(ユン・ウネ)が、互いに義兄弟の縁を結んで、一生一緒にいることを約束した。

24日放映された『コーヒープリンス1号店』の第8話でウンチゃンは、遂にハンギョルに好きだと告白をする。しかし自分は男(?)なので、ハンギョルに対する思いを諦めようと決意するウンチァン。ハンギョルも精神科病院へ行って、男を好きになってしまったと治療を受けることになる。

しかし互いにひかれる心を、どうすることもできないハンギョルとウンチゃン。結局ウンチゃンに自身の出生の秘密を打ち明けたハンギョルは「お前、ゲイだろ?」と問い「自分は違う。三国志の桃園結義のように、義兄弟の縁を結ぼう」と提案する。そのような形でも、ウンチゃンをそばに置きたかったのだ。

ウンチゃンは「義兄弟になれば、一生一緒にいることができる」と独り言を言って、ハンギョルの提案を受け入れる。ハンギョルとウンチゃンが、義兄弟の縁を結ぶ内容が放送されると、ドラマインターネット掲示板には「これからの展開が、もっと知りたい」という意見が多数寄せられた。またウンチゃンに不意打ちキスをしたハンソン(イ・ソンギュン)との三角関係を予想する意見も提示された。

2日放映開始された『コーヒープリンス1号店』は、男装のユン・ウネの演技変身とイ・ユンジョンPDの感覚的な演出、そしてコン・ユイ・ソンギュンら男優の魅力が加味され、放送第6話で視聴率20%を突破して、人気沸騰している。


[innnolife.net] 『コーヒープリンス1号店』ユン・ウネとコン・ユが義兄弟の縁を結び、さらに面白い展開に

いやーますますおもしろくなってきましたね。
男だと信じているところが悲劇であり喜劇でもあるところ。
コン・ユもちょっと大沢たかおと李亜鵬を足して割ったようないい男だし…。
これは『コーヒープリンス1号店』も出演者もブレイク必至です。


★韓流スター列伝TOPへ

posted by kan at 13:29 | ユン・ウネ

『コーヒープリンス1号店』イ・ソンギュン、「俳優はいつも試験を受ける気分」

コーヒープリンス1号店』でチェ・ハンソン役で熱演中の俳優イ・ソンギュンが、ドラマの人気要因と俳優という職業に対する自身の考えを、女性月刊誌「Singles」8月号のインタビューを通じて明らかにした。

コーヒープリンス1号店』で鋭敏だがソフトなチェ・ハンソン役で熱演中のイ・ソンギュンは、『コーヒープリンス 1号店』が極めて日常的な恋愛談と説明した。イ・ソンギュンは「『コーヒープリンス 1号店』は、既存のドラマと違い三角関係ではない八角関係である。その八角関係が、ドラマの人気要素」という考えを明らかにした。イ・ソンギュンは「誰かと恋愛しながらも、他の誰かが好きな感情が生ずることがあるではないか。そんな自然な感情を、描いている」と語った。

また彼は俳優という職業は、いくらシナリオが数本入って来ると言っても、常に選択される立場である。そんな不安感は自分だけではなく、俳優は誰でも持っている。この作品がうまくいくと、次の作品が入って来るから、いつも試験を受けているようだ」と告白した。

イ・ソンギュンは「デビュー初期は自分がとても軽く、生活も乱れ、このように暮らして芸能人が社長になるのだという危機感を感じた。『泰陵選手村』の恋愛のような単発物をしながら、演技にオープンなマインドを持つようになった」と語った。またイ・ソンギュンは「キャラクターが明確で、作品の中でラインを持って演技をして見たい。人気スターになるということが目標ではなく、良い人々と良い作品をしたい」という抱負を明らかにした。

hanson.jpg

[innolife.net]『コーヒープリンス1号店』イ・ソンギュン、「俳優はいつも試験を受ける気分」

いままでイ・ソンギュンって知らなかったんですが、『コーヒープリンス1号店』での彼はいい感じです。
すごい2枚目ではないんだけれど、まさにソフトなイメージで心地よい人印象。
ドラマ自体が人気があるのでこれからグッと人気が出そうです。
要チェックですよ。

(予約販売)OST/コーヒープリンス1号店(MBCドラマ)(送料無料)
コーヒープリンス1号店 韓国盤OST(予約)

★韓流スター列伝TOPへ

posted by kan at 23:31 | イ・ソンギュン

ユン・ウネ 幼少期も“ふっくら唇”寝顔も同じ! 

ユン・ウネの子供の頃の寝顔姿が公開され、ネティズン(ネットユーザー)の注目を集めている。

各種コミュニティには、ユン・ウネの幼少期の寝顔写真と、最近MBCドラマ『コーヒープリンス1号店』で見せた寝顔が比較され、全く同じ姿が話題を集めている。無防備な寝顔から感じられる純粋さや、ユン・ウネの魅力ポイントであるふっくらとした唇が、子供の頃とまったく同じで注目を集めているもの。

子供の頃と変わらないユン・ウネの写真を見たファンたちは「幼少期にもふっくらした唇だ」「純粋な姿が見ていて楽しい」という反応を示している。

一方、ユン・ウネはMBCドラマ『コーヒープリンス1号店』で、男よりももっと男のような女“コ・ウンチャン”役を演じ、サバサバしてハツラツな魅力で愛されている。
yoon.jpg

Copyrights(C)Reviewstar & etimes Syndicate & wowkorea.jp


コーヒープリンス1号店』が好調のユン・ウネ
子どもの頃の寝顔も可愛いですね。
でもいまはわりとクリーム系のまったりした顔なのに、子どもの頃は意外に涼しいお顔ですね。
可愛いことには変わりないですが。
コーヒープリンス1号店』男装の女の子ということでちょっと大げさな芝居を想像していたけれど、意外に素直な演技でいいんですよね。
これからが楽しみなドラマになりそう。
(予約販売)OST/コーヒープリンス1号店(MBCドラマ)(送料無料)
コーヒープリンス1号店 韓国盤OST(予約)


★韓流スター列伝TOPへ


タグ:ユン・ウネ
posted by kan at 21:33 | ユン・ウネ

イ・ビョンホン、パリに溶け込む

韓国スター、イ・ビョンホンが3冊目となる公式写真集「パリイ」(角川マガジンズ)を出した。自身が大好きだという仏パリが舞台。エッフェル塔やセーヌ川、モンマルトルの丘などの象徴的な風景の中に溶け込んでいる。

 撮影は世界的に有名な鋤田正義(すきた・まさよし)。昭和46年、寺山修司監督作品「書を捨てよ、町へ出よう」の撮影監督を務め、後にデヴィッド・ボウイの写真集などを手がけた。撮影はまだ肌寒い3月に行われたが、鋤田との出会いはビョンホンに大きな刺激を与えたようだ。

 「鋤田さんはすべてにおいて哲学的。撮影は、いいとも悪いとも言われず、要求もされない。どういうふうに撮られているのか不安だったが、『作られた表情を撮りたいわけではない。ありのままの貴方を撮りたい』と言われ、この先生はその道の大家だと感じた」。出来上がりを見て、構図と芸術性に感嘆したという。

 鋤田も「撮られることのプロ。勘がいいし、欲しいと思った表情をくれる。ファンが多いことがよくわかる」と返す。

 写真集の発売日となった12日、37歳の誕生日を迎えた。同夜には日本武道館(東京)でファンイベントが開かれたが、全国からファンが集まるなど相変わらずの人気ぶり。テレビドラマ「美しき日々」、映画「JSA」「甘い人生」などを経て、役者としてますます脂が乗ってきた印象だが、私生活は未だ独身。「母から『結婚しろ!』と言われ続けた1年でした」と苦笑いしつつ、「中国で新作映画の撮影にしばらく入ります。仕事で頑張る1年になりそうですね」とすぐに表情を引き締めていた。(松本明子)

[yahooニュース]イ・ビョンホン、パリに溶け込む

イ・ビョンホンの写真なら何でもステキですが、この写真集はひときわ期待できそうですね。
「書を捨てよ、町へ出よう」好きだったのよ。
もちろん監督は寺山修司なので鋤田正義さんだけの作品ではないですが、あの映像感覚が大好きです。
詩のドキュメンタリーっていう印象でした。
どんな写真集なのかなぁ。
必見!
パリイ


★韓流スター列伝TOPへ
posted by kan at 20:19 | イ・ビョンホン

チャン・ドンゴン「家庭内暴力はダメ」キャンペーン賛同

俳優チャン・ドンゴンが、家庭内暴力で苦痛を受けている児童たちのために立ち上がった。

チャン・ドンゴンは自身が専属モデルとして活動しているカジュアルブランド<GIORDANO>と化粧品メーカー<THE BODY SHOP>と共にする<家庭内暴力根絶キャンペーン>のキャンペーン写真撮影に参加した。

彼は最近、論硯洞(ノンヒョンドン)のスタジオで行われた写真撮影現場で「今回のキャンペーン参加で、普段認識できなかった家庭内暴力問題について、改めて考えることになった」と意味深いこのキャンペーンに、関心を持ってくれることを呼びかけた。

チャン・ドンゴンのキャンペーンTシャツは、デザイナーソ・サンヨンさんが無償でデザインしたもので、温かくて暴力のない家庭で幸せそうにする子供の姿を象徴している。

このキャンペーンTシャツは、<GIORDANO>の売り場やオンラインで販売され、その収益金はキャンペーン関連のNGO団体に寄付される予定だ。


[wowkorea]チャン・ドンゴン「家庭内暴力はダメ」キャンペーン賛同

dongon.jpg


チャン・ドンゴンやっぱりいい人なんだなぁ。
笑った顔なんて見るからにいい人ですもんね。
でも個人的には表情のないくらいクールなほうが素敵な対応の人だと思います。
この画像もそうだけど笑いすぎると顔全体の印象が緩んでしまりがなくなるんですよね。
もともと濃い作りなだけに乱れも濃く感じます。

★韓流スター列伝TOPへ
posted by kan at 00:25 | チャン・ドンゴン

ソン・スンホン&クォン・サンウ主演『宿命』、スチール公開

映画 『宿命』(キム・ヘゴン監督、MKDK制作)の主演、ソン・スンホンクォン・サンウのスチール写真が公開された。


 公開されたスチール写真で2人はこれまでのイメージを一新、注目される。


 クォン・サンウは同映画で野心あふれる「チョルジュン」役を演じる。クォン・サンウはチョルジュンを演じるため、筋肉質の魅惑的な体をスタイリッシュなスーツで隠し、オールバックと鋭い眼光で「完全武装」している。


 一方、「ウミン」役のソン・スンホンは除隊後初めての作品に選んだ『宿命』で、これまでの甘くソフトなイケメンのイメージをかなぐり捨て、強い男の魅力を醸し出している。


 ビンテージの革ジャケットに少しこけたように見える頬や無精ひげという姿のソン・スンホン。これらがトレードマークの悲しげな眼と相まって、一見ソフトだが胸の奥に溢れる野性を秘めているウミンを見事に表現している。


 現在、撮影真っ盛りの現場では、ソン・スンホンクォン・サンウが見せる演技への情熱に、キム・ヘゴン監督はもちろん、スタッフ一同感激しているとのことだ。プライベートでも仲のいい2人は、互いの情熱に刺激され、競い合うようにして全力を尽くしている。


 このほど済州島ロケを終え、現在はソウル市内で撮影されている『宿命』。撮影は全体の約30%が終わったところだ

syukumei.scheel.jpg
[チョソン・ドットコム/朝鮮日報JNS]ソン・スンホン&クォン・サンウ主演『宿命』、スチール公開

ソン・スンホンクォン・サンウもかぁーっこいい〜!
これは『宿命』見逃せません。
この二人のイケメン対決を見るだけでも価値がありそうです。
もちろんそれ以上期待してますけどね。

★韓流スター列伝TOPへ

posted by kan at 21:25 | ソン・スンホン

Rain(ピ)の少年時代画像

Rain(ピ)の少年時代の画像です。
Rain(ピ)Rain(ピ)になる前はFan clubというユニットに参加していたんですね。
その時代のものです。
相変わらず可愛らしい!
若いことは若いけれど基本的にはそのままですね。
rain.childfood2.gif
rain.childhood.jpg
rain.Fan Club.jpg

★韓流スター列伝TOPへ
タグ:Rain(ピ)
posted by kan at 11:30 | Rain(ピ)

ウォン・ビン、カムバックまであと少し?

兵役中のケガでこの一年完全に活動停止していたウォン・ビン
いよいよ復活も近いようですね。
ケガで入院するために除隊したわけだけど、こんなふうにやむをえない事情でもやっぱり非難はあるんですねぇ。
兵役のない日本人はしあわせだ。
ウォン・ビンキムタクをお手本にしていたというような話を聞いたことがあるけど、そういえば顔の雰囲気もちょっと似てますね。
この写真なんかもなるほど同じ線を目指してる感じがします。





★韓流スター列伝TOPへ
posted by kan at 12:26 | ウォン・ビン

チョ・インソン 韓国の“ヘンリー8世”圧倒的支持! 

最近、カリスマとセクシーさ、情熱的で荒々しい致命的な誘惑の主人公として人気を博している米ドラマ『The Tudors』の主人公“ヘンリー8世”に最も似合うスターとして、映画俳優チョ・インソンが選ばれた。

去る6月18日から7月10日まで行われた<ヘンリー8世に最も似合う国内俳優は? >というアンケート調査で、69%の圧倒的な支持を得たチョ・インソンが1位に選ばれた。面白い点は、チョ・インソンを選んだ性別が大差ない比率だったというもの。チョ・インソンを支持した総3057人中、男性が41.7%(1257人)、女性が58.3%(1782人)を占めた。

ほとんどの視聴者は「アンケートを見ると同時にチョ・インソンが浮かんだ」「外見だけを見た時にも、チョ・インソンとヘンリー8世がとても似ている」と多くの支持を主張した。

一方、今回のアンケート調査では、455人の支持を得たチャン・ドンゴンが2位を占め、キム・ミョンミン、チョン・イルウ、チョン・ウソン、カン・ジファン、ソン・イルグクなどが上位に上がった。

『The Tudors』は、イギリスのチューダー王家の最も魅力的でセクシーな王“ヘンリー8世”の愛と政治を描いた歴史ドラマで、現在チャンネルCGVを通じて、毎週日曜日の夜10時に2話連続で放送されている。

cho.jpg

[WOW KOREA]チョ・インソン 韓国の“ヘンリー8世”圧倒的支持! 

たしかにちょっとサイケデリックというか飛んでる感じはいいかもしれませんね。
個人的にはこのチョ・インソンってあまりよく分からないって感じです。
「春の日」なんかでは笑顔が怖い感じがして、ちょっと行っちゃってる人をやらせたら最高だとは思うんですが。
でも最近人気急上昇ですね。
もうちょっと要研究!


★韓流スター列伝TOPへ
posted by kan at 21:28 | チョ・インソン

ユン・ウネ 大好評『コーヒープリンス1号店』画像

放送前からユン・ウネの男装で話題になっていた『コーヒープリンス1号店』。
放送開始と同時に大人気のようですね。
』でのユン・ウネは可愛らしかったけど、個人的にはちょっと癖があってそんなに好きではありませんでしたが、『コーヒープリンス1号店』の彼女はけっこう好きかも・・・。
男装のためにショートカットにしてたぶんちょっとダイエットもしたように感じる彼女は『』よりも自然な雰囲気でより可愛らしいです。
最近ネットでは彼女のショートカットが大好評らしいですが、本当によく似合ってます。
cafeprince1.jpg
cafeprince2.jpg
cafeprince3.jpg
cafeprince4.jpg
cafeprince5.jpg
cafeprince6.jpg
こんな可愛らしい美少年ぶりですが、より男らしさを見せるため床に落ちた肉まで気にせず食べる大胆な演技。
でも心は二人の男性の間でゆらゆら。
これからの展開が楽しみです。

★韓流スター列伝TOPへ
posted by kan at 13:37 | ユン・ウネ

東方神起「美STICK BOX」発売開始

東方神起の5人のメンバー写真がプリントされた『美StickのBOXセット』販売開始です。
東方神起の写真入りの美Stickが12個、東方神起写真集、東方神起フォトCD1枚がセットになったBOXに、さらに2007年版ミニカレンダーとミニポスターまでセットになったお楽しみボックス。
美Stickはチョコブラウン、カフェラテ、チョコ各3種×4個、デコレーションポッキーみたいなおいしいお菓子だけど食べるのがもったいない!
プレゼントやお土産にもいいですね。


★韓流スター列伝TOPへ
posted by kan at 22:25 | 東方神起

イ・ビョンホンssiお誕生日おめでとう!

イ・ビョンホンが、自身の誕生日を迎え、日本で大規模なショーケースを行い、低迷している韓流を復興させる。イ・ビョンホンは、37歳の誕生日である7月12日、日本東京武道館で、3度目の写真集「パリa monochromeman in a monochromecity」の発売を記念したショーケースを開催する。

日本ファンの要望で進行される今度のイベントは、希望者が殺到したため、当日の公演を2回に分けて行い、計1万6000人が参加する予定。昨年5月、日本の俳優も立ったことが無い東京ドームでファンミーティングを行い、4万2000人の観客を動員して底力を見せたイ・ビョンホンは、武道館ショーケースで日本内での興行力とパワーを再立証し、韓流スターのイメージを高める覚悟である。

このショーケースで行われる簡単な誕生パーティーでは、日本ファンが韓国語で誕生日を祝う歌を歌う予定で、カードセクションなどの多様なイベントを企画している。イ・ビョンホン側の関係者は「昨年の東京ドームでのファンミーティングに続いて、年末には6万人規模の大都市アリーナツアーも計画している」と明らかにした。


[innolife.net] イ・ビョンホン、37歳の誕生日に武道館でイベント開催


まービョン様今日お誕生日とは知りませんでした。
ビョンさまは昨日や今日の韓流スターではない風格がありますよね。
それにただのイケメンではなく人気の韓流スターのなかでも演技力はダントツ。
もうすぐこの夏は中国ロケで敦煌に滞在とか。
そしてハリウッドへも進出とか。
国際スターの器ですよね。

★韓流スター列伝TOPへ
posted by kan at 12:22 | イ・ビョンホン

ペ・ヨンジュン主演『太王四神記』、放送日程最終確定…ライバル作は?

[イノライフ=ソ・ミョンファ記者] ペ・ヨンジュン主演の『太王四神記』が、ソン・イルグク主演の『ロビイスト』と対決することが最終確定した。2回にわたり延期されたドラマ『太王四神記』の編成日程が、確定した。ベ・ヨンジュン主演の『太王四神記』は、18日から放送される『犬とオオカミの時間』の後続番組として、9月中旬水木ドラマで放映される予定。

同時間帯のライバル作は、ソン・イルグク、チャン・ジニョンが共演するSBS『ロビイスト』と、北朝鮮舞踊家チョ・ミョンエが出演するKBS『死六臣』である。このため今秋の水木ドラマは、全国ネット3局が自尊心をかけて準備した大作が同時に放映されることになり、激戦が予想される。

多くの関心を受けているドラマ『太王四神記』は、演出を務めるキム・ジョンハクPDが記者会見を自ら要望、制作を延長したことに対する公式謝罪を行った。現在ペ・ヨンジュンの子役俳優が幼少時代を撮影することから制作を再開、ペ・ヨンジュンが済州島のセット場に合流して、制作速度に拍車がかかっている。

しかし24部作で企画された放映分量を、当初の計画通り事前制作することができるかは、相変らず未知数である。
taioushishinki.jpg

© Innolife & Digital YTN & Joynews24 & inews24


9月中旬ですか。
まだまだ先ですね。
でも確定したということはとりあえず安心(していいのかな?)
いったん放送延期というケチがついてのドラマなのでさぞかしその後の撮影には気合が入っていると思います。
もう本当にファンは期待してますからね。

★韓流スター列伝TOPへ
posted by kan at 19:56 | ペ・ヨンジュン

ドラマ『犬とオオカミの時間』の制作発表会画像

犬とオオカミの時間』で女らしさ脱却を宣言しているイ・ジュンギ
この画像を見るとなんとなくそれが感じられますね。
少し斜めの角度から写したものはたちかたや顔を少しかしげた雰囲気がやはり少し優しい印象を受けますが、正面から撮ったものは表情もきりりとしてこれまでと少し違った印象です。
本人の言うとおりこれまでのイメージを脱却して新たなイ・ジュンギがみられそうですね。


★お気に入りのイ・ジュンギを探せ★


★韓流スター列伝TOPへ
posted by kan at 11:41 | イ・ジュンギ

ヨンさまのショートフィルム

ヨンさま若いです。
さわやかです。
そして悲しすぎます。
ラストはいいませんが悲しいショートドラマです。
この悲しさはペ・ヨンジュンならではです。
すごくナチュラルな映像です。
短いのにけっこう深い。



★ヨンさま最新グッズ★


★韓流スター列伝TOPへ
posted by kan at 21:52 | ペ・ヨンジュン

“ブランドパーティー”に“ブランドスター”総出動! 

“ブランドパーティー”に“ブランドスター”が総出動した。

現在、精力的に作品活動を行っていたり、作品を終えた後のオフに入っているトップスターたちが、約束でもしたかのように一堂に集まった。

暴力団組織のキム・テチョン事件と関連し騒がしかったトップスタークォン・サンウをはじめ、ドラマ『私の男の女』を終えてさらに多忙になったキム・ヒエ、『愛に狂う』のイ・ミヨン、『ありがとうございます』で熱演したコン・ヒョジン、ドラマ『姉さん』を終えたソン・ユナだけでなく、現在ドラマ『コーヒープリンス1号店』に出演中のユン・ウネ、ドラマ『カル取り オ・スジョン』を撮影中のオム・ジョンファ、映画『楽浪クラブ』を撮影中のソン・イェジンなどが、忙しいスケジュールの合間に駆けつけた場所は、世界的な高級ブランド<ルイ・ヴィトン>のパーティー会場。

韓国内のトップクラスのスターたちは、5日夕方、ソウル・江南区清潭洞(カンナムグ・チョンダムドン)で開かれた世界的なブランド<ルイ・ヴィトン>の現代(ヒュンダイ)狎鴎亭(アックジョン)ストアのグランドオープンを記念したパーティーに出席し、自身の魅力を存分に発揮した。

Copyrights(C)sports donga & etimes Syndicate & wowkorea.jp

star1.jpg

そんなそうそうたるメンバーとルイ・ヴィトンのパーティの出席なんて夢見たいですね。
一生に一度くらいはそんな華やかな場面に立ってみたいわ。
でもそういうチャンスが出来ても着ていくものがない・・・
なんて考えてしまうところが骨の髄までどうしょうもなく小市民なんですよね。


★韓流スター列伝TOPへ
posted by kan at 17:03 | 韓流スターニュース

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。