スエ、『9回裏ツーアウト』でオールドミスに変身

えっ?スエがオールドミス役?
確かに意外なキャスティングですね。
スエといえば日本ではイ・ビョンホンとの「夏物語」が記憶に新しいところですが、雰囲気のあるしっとりした感じの涼しい美女ですよね。
でも可愛らしいというよりきれいというタイプなので大人の女性役は大丈夫でしょう。
どんな女性でもそういう部分は持っていますよね。


★韓流スター列伝TOPへ


タグ:スエ
posted by kan at 11:33 | スエ

イ・ジュンギ 「“王の男”の負担ない」

「映画『王の男』の負担はない」

イ・ジュンギ(25)が5日、ソウル小公洞(ソゴンドン)ロッテホテルで行われたMBCの水木曜ドラマ『犬とオオカミの時間』の制作報告会でこう述べ、新たな挑戦への強い意志を見せた。

イ・ジュンギは「『王の男』の撮影当時は良い作品に出演し、キャラクターを作っていくことに集中した。しかしその後はそのキャラクターからどう抜け出そうか悩んだ」とし、強いキャラクターの後遺症を経験したことも明らかにした。

『王の男』での美しい姿で一躍スターになったイ・ジュンギ。しかし前作のイメージがあまりに強かったせいか、映画『フライ・ダディ』などで男らしさを見せたものの、まだ『王の男』でのイメージが消えない。

イ・ジュンギは「しかし今考えてみると、そういう考え方で自ら壁をつくっていたようだ。こういう考えを意識的に忘れようと思っている。今の悩みは自分がドラマのキャラクターをどれだけ消化できるかだ。ひたすら作品を楽しもうという気持ちで臨む」と付け加えた。

イ・ジュンギが演じる“イ・スヒョン”は、幼いころ組織の暗闘の中で両親を失い、復讐のために国家情報要員になる男。これに関しイ・ジュンギは「キャスンティングされてから自分にイ・スヒョン役ができるか心配になり悩んだ」とし「ドラマでは見せたいものを最大限見せられるよう最善を尽くす」と覚悟を語った。


Copyright 2006(C)JOONGANGILBO NEWS. All rights reserved.


ひとつのカラーで爆発的に人気を獲得したスターの苦悩ですね。
役者に個性は必要ですが、やはりいろいろな人物を表現できてこその俳優業です。
でもこの作品で殻をひとつ脱げれば新たなファンの獲得と実力の証明になりますよね。
期待してます。

★韓流スター列伝TOPへ
posted by kan at 16:35 | イ・ジュンギ

イ・ビョンホン 中国で3か月間映画撮影に専念

イ・ビョンホン(37)が今月中旬、映画『いいやつ、悪いやつ、変なやつ』(制作:バルンソン/監督:キム・ジウン)の撮影に臨むため、中国へ向かう。

イ・ビョンホンは中国ロケが終わる9月中旬まで、現地に滞在し映画だけに専念するという計画だ。元々は今週末から全羅北道井邑(チョンラブクド・ジョンウプ)の撮影に合流する予定だったが、梅雨のため日程が不透明になり、自宅で連絡を待ちながら、中国行きを準備している。井邑では最近、ソン・ガンホ)が出演するシーンの撮影が行なわれている。

イ・ビョンホンの所属事務所<BHエンターテイメント>のソン・ソクウ取締役は「最近、イ・ビョンホンのマネジャーが個人的な事情で会社を辞めたため、本人が直接荷作りをしている」とし、「ロケ地の中国敦煌は40度を上回る所で、覚悟を決めているようだ」と伝えた。イ・ビョンホンがドラマ、映画の撮影などで中国入りするのは今回が初めて。

そのため映画『武士』、『レストレス〜中天〜』の撮影で中国を頻繁に訪れているチョン・ウソンにアドバイスを求めている模様だ。イ・ビョンホンは、日本による植民支配時代(1910〜1945年)の1900年代初め、満州に追い出された3人の朝鮮(チョソン、1392〜1910年)青年の物語を描く『いいやつ、悪いやつ、変なやつ』で、馬賊のボスで殺し屋のチャンイ役を演じる。


Copyright 2006(C)JOONGANGILBO NEWS. All rights reserved.


ビョン様中国入りですか。
大変そう。
あの国は一筋縄ではいかないところがありますからね。
また敦煌とは厳しい自然環境のところですしね。
でも中国のたびは楽しいけどね。
旅行は楽しいけど仕事をするのは厳しい国だと思います。
がんばれビョン様。
身体には気をつけて!

★韓流スター列伝TOPへ
posted by kan at 15:50 | イ・ビョンホン

イ・ジュンギ主演『犬とオオカミの時間』の初放送 1週間延期へ

イ・ジュンギが主演するMBCドラマ『犬とオオカミの時間』(脚本:ハン・ジフン、ユ・ヨンジェ/演出:キム・ジンミン)のスタートが1週間後に延期された。

これにより、当初『メリー&テグ 恋のから騒ぎ』の後続として、7月11日のスタートが予定されていた『犬とオオカミの時間』は7月18日からスタートする。11日と12日にはキム・ナムジンとイム・ジョンウンがW主演する全2話のドラマ『グラウンド・ゼロ』が放送される。同ドラマは、ある歩行者がタクシーにひかれる事故によって起きるハプニングを描く。

放送を約1週間後に控えた時点に日程を変更するのは異例のこと。冷たい視線を意識したMBCドラマ局関係者は「『グラウンド・ゼロ』は事前制作により制作済みの作品だ。時期的に適切だったため決めただけ。『犬とオオカミの時間』の制作に問題があるわけではない」という立場を示した。


Copyright 2006(C)JOONGANGILBO NEWS. All rights reserved.


問題があるわけではない。
「じゃあ何で延期?」と聞きたくなりますが、まあ一週間のことならいいでしょう。
ヨンさまの『太王四神記』のように撮影自体が中断してしまっての延期だとファンはかなり気をもむことになりますが、一週間なら待てるでしょう。
leejungi.jpg
おしゃれな新入社員みたいな格好なのに、お顔はやたらに色っぽいのが不思議な雰囲気ですね。

★イ・ジュンギグッズ★



★韓流スター列伝TOPへ
posted by kan at 20:13 | イ・ジュンギ

韓流スターエクスプレス、ソ・ジソプ特集動画

ごめん愛してる』や『ガラスの靴』『おいしいプロポーズ』などでおなじみのソ・ジソプの特集です。

私には遊び人というイメージはないですねぇ。
初めはおっとりして地味な感じだと思っていましたが、いろいろな役が出来る人ですね。
男性でも女性でも目がつりあがっているのに眉毛ノン下がっている人に弱いんですよ。
そういう顔ってちょっと癖になるんですよね。
ソ・ジソプはまさしくそんな顔。



★ブラジャーストラップまである!?ソ・ジソプ最新グッズ★



★韓流スター列伝TOPへ
タグ:ソ・ジソプ
posted by kan at 15:38 | ソ・ジソプ

イ・ビョンホン 今と変わらぬ卒業写真が話題

韓流スターイ・ビョンホンの卒業写真が、ネット上で話題を集めている。

現在、各種ポータルサイトのコミュニティでは、イ・ビョンホンの卒業写真が公開され、注目を浴びている。
モノクロ写真の中、ぼうず頭の学生時代のイ・ビョンホンは、当時からきりりとした目鼻立ちで、“フンナム(※)”の資質を見せている。特に、ぱっちりした目とぎゅっと結ばれた口元は現在と変わらず、ファンたちの驚きを呼んでいる。

ネットユーザーたちは、イ・ビョンホンが学生時代にも“フンナム”であったとし、「やはりアジアのスターは違う」という反応を見せている。

一方、イ・ビョンホンは日本統治時代の満州の原野を舞台に、故郷に背を向け行き場を失くした3人の主人公が、追いつ追われつしながら生き抜く様を描いた映画『いいやつ、悪いやつ、変なやつ』の“悪いやつ”役で、ソン・ガンホ、チョン・ウソンと対決する予定だ。

※フンナム〜女性の心を和ませる男性を示す10代の造語。
20070702_703035_byon.jpg

Copyrights(C)Reviewstar & etimes Syndicate & wowkorea.jp


まあ本当に今と同じ顔でそのまま若いって感じですね。
イ・ビョンホンの弟みたい。
かわいらしーい。
イ・ビョンホンって犬みたいな顔してますよね。
思わず抱きしめたくなります。

★韓流スター列伝TOPへ
posted by kan at 14:15 | イ・ビョンホン

スターエム「ピ(Rain) の公演を進行させようとした」

歌手ピ(Rain)の米ロサンゼルス公演が取り消された中、公演を主催したスターエムが公式的な立場を明らかにした。
スターエムは1日午前の報道資料を通じて「6月7日、RAIN名称使用問題で、アメリカ洲ツアーの全延期を決めたが、LAプローモーターV2Bグローバルの意志によりLA公演敢行を決めた」と伝えた。しかし公演開始1時間半前まで舞台構造物が揃わなかったし、LA市の電気安全法及び消防法に基づくLAステイプルスセンターの規定のため、韓国から空輸して行った電気関連のツアー装備を使うことができなくなったと説明した。

スターエム側は「ULマークがある装備だけにしか電気を供給してくれないという重要な事実についても、現地プロダクションマネージャーとプローモーターは、一度もスターエムとツアープロダクションチームに伝達しなかった」と指摘した後、「短い全体日程のため、プロダクションはセットアップのための時間が絶対的に不足し、すべてのツアースタッフたちが一晩中セットアップ作業にかかっていたにもかかわらず、公演開始3時間前にLA市安全検査官から、セッティングした装備をすべて撤収するよう指示を受けた」と述べた。引き続き「どんな悪条件の中でもピ(Rain)本人は公演を進行させたがった。ピ(Rain)ワールドツアー最後の公演である今回の公演のために、2週前にL.Aに入国し最善の努力をつくした。更には、もし一曲でも舞台で歌うことができれば、公演を進行するという意思を明らかにした」と伝えた。

しかしスターエムは「舞台基本構造物さえまともに準備されない状態で、公演を敢行することはできなかった。その状況は出演者とスタッフ、更に観客の安全を保障することができない状況だった」と説明した。
最後に「ワールドツアー最後の公演のために遠くから来てくれたファンに、本当に申し訳ない」と謝罪の意を伝えた。


© Innolife & Digital YTN & Joynews24 & inews24


結局今回のRain(ピ)のワールドツアー、アメリカ公演はけちがつき続けて終わりをむかえてしまいましたね。
国際的な公演でこんなことってありえないような気がするんですが。
アマチュアの演劇公演だって電気関係についてはまず確認をするものなのに。
手違いだとすればあまりにも仕事がお粗末過ぎるし、そうでなければ何かの悪意としか思えないような結果ですね。
現地まで行ったファンはもちろんそうでないファンもRain(ピ)のワールドツアー凱旋を信じていたと思います。
あまりにも残念ですね。

★韓流スター列伝TOPへ
タグ:Rain(ピ)
posted by kan at 10:08 | Rain(ピ)

Super Junior主演 『花美男連続テロ事件』ポスター公開

2007年映画界の話題作として浮上している映画『花美男連続テロ事件』のポスターが電撃公開された。

ポスターには、映画の主人公でありテロ被害の予想者として挙げられたイケメン3人を主要人物として中心に配置し、「誰がテロ被害に遭うのか」という好奇心を増幅させることに重点をおいて制作された。Super Juniorスーパージュニア)全員が主・助演としてキャスティングされたこの映画で、“花美男(イケメン)”役を演じるチェ・シウォン(シウォン役)、キム・ヒチョル(ヒチョル役)、キム・ヨンウン(カンイン役)3人の、自信に満ち溢れた強烈な眼差しが、ファンだけではなく多くの女性の視線を一瞬にして奪うかのようだ。

とくに、ポスターの中の小さな人物まで細かく見れば、映画のストーリーを多様に連想できるということと、各メンバーが映画で演じる独特で個性のあるキャラクターに対するヒントを探すことができる。

ポスター1枚だけで観客の好奇心を刺激する映画『花美男連続テロ事件』は、2月14日の最初のテロを皮切りに、当代最高のイケメンたちを連続テロする事件が発生し、次のテロの対象として指名された高校のイケメン3人衆、生徒会長“シウォン”と柔道道主将“カンイン”、ダンスグループのリーダー“ヒチョル”が、それぞれの“ワケ”からテロをされる作戦に突入するというのが、基本的なストーリーだ。

犯人よりも次の被害者の方がもっと気になる前代未聞のミステリーコメディ『花美男連続テロ事件』は、パワフルなポスター公開をはじめ、次々と隠されてきた内容を公開する予定で、7月26日の全国公開を控え、最後の編集作業に拍車をかけている。
sj.jpg

Copyrights(C)Reviewstar & etimes Syndicate & wowkorea.jp


これは楽しそう!
ファンにはたまらない映画ですね。
でもファンでなくても見に行っちゃいそうだ。
だいたいネーミングがいいよね。
花美男』って中国ではそういうけど、韓国でもそうなんだ。
楽しくイケメン鑑賞って最高ですよね。

★スーパージュニアの音楽★



★韓流スター列伝TOPへ

posted by kan at 15:53 | スーパージュニア

「クォン・サンウ」ホテル、バリ島にオープン

【ソウル30日聯合】俳優クォン・サンウの名前をとったホテルが、インドネシアのバリ島にオープンした。オーシャンブルーホテルチェーンは30日、バリのヌサドゥアにあるオーシャンブルーホテルに「クォン・サンウ・キャッスル」をオープンしたと明らかにした。ホテルのリニューアルが終わる下半期に正式オープンの予定だ。
 クォン・サンウ・キャッスルは61棟のプールビラからなる。現在運営する1万4000坪に加え約2万坪に増築を進めている。バリで最大のホテルだという。

 クォン・サンウの愛用品やポスターをそろえたり映像を流したりと、韓流スターのイメージを生かした特別な空間を作る計画だ。
[yahooニュース] 「クォン・サンウ」ホテル、バリ島にオープン

これは流行るでしょうね。
ただでさえバリは人気のリゾート地。
そのホテル目当てのファンはもちろん、それほどのファンでなくてもどうせ行くならクォン・サンウのホテルへってことになりますよね。
日本も超人気芸能人を生み出して海外で商売しないといけません。

★韓流スター列伝TOPへ
posted by kan at 00:43 | クォン・サンウ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。