ペ・ヨンジュン イ・ビョンホン クォン・サンウ“韓流ビッグ3”健在! 

ヨン様ペ・ヨンジュン)、ビョン様イ・ビョンホン)、ゴン様クォン・サンウ)など“韓流スタービッグ3”の日本での位置は変わらない。テレビ朝日の情報バラエティ番組<SmaSTATION!! >で30代を中心に、日本人女性1200人にアンケート調査して発表した最新バージョンの“韓流スターベスト10”によると、ペ・ヨンジュンがダントツトップを占めている中、イ・ビョンホンとクォン・サンウが“トップ3”を形成していると表れた。

去る9日、番組を通じて日本全域で放送されたこのチャートは、新進勢力の特別な浮上なく、2003年から『冬のソナタ』を皮切りに『美しき日々』『天国の階段』などが立て続けに人気を得て、“催涙性ラブロマンス”に基盤を置いた韓国産純愛ドラマが巨大な韓流を作り、2007年現在もずっと続いていることを示した。

“韓流スターベスト10”を占めた相当数のスターたちは、そのドラマと関連がある人物たちだ。ペ・ヨンジュン(3316)、イ・ビョンホン(3003)、クォン・サンウ(2911)などが1位から3位までの高ポイントを得て、チャン・ドンゴン、ウォンビン、パク・ヨンハ、ソン・スンホン、リュ・シウォン、チ・ジニ、カン・ドンウォンなどの順で“トップ10”を形成した。ビッグ3とその他の韓流スターたちの間にはポイント差が大きく、ペ・ヨンジュン、イ・ビョンホン、クォン・サンウなどが代表的な3大スターであることがよくわかる。

このチャートを紹介した番組で、チャート発表と共に紹介されたドラマ資料映像に、チェ・ジウがほとんどの相手役として登場したという点も目立った。この日、番組の司会者とゲストは、「チェ・ジウこそ本当にすごい」と感嘆し、韓流とは切っても切れない存在であることを強調した。

一方、この番組は“NO.1”の名声を手にしたペ・ヨンジュンの次回作に関しても触れたものの、誤った表現を使用し視線を集めた。
hanryu.jpg

Copyrights(C)segye.com & etimes Syndicate &wowkorea.jp


たしかにその通り。
日本での韓流の創始者みたいなヨンさまが今でも現役人気を誇っているんですもんね。
ところでこの番組の「誤った表現」ってなんなの?
そこまで書いてくれなきゃ。

★韓流スター列伝TOPへ


posted by kan at 16:25 | 韓流スターニュース

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。