韓国ドラマ「春のワルツ」、地上波に登場 四季シリーズ最終章

昨秋からNHK−BS2で放送されていた韓国ドラマ「春のワルツ」が4月からいよいよ地上波に登場する。「冬のソナタ」「美しき日々」「宮廷女官チャングムの誓い」などが衛星から総合放送という流れで平均視聴率15%近くを獲得、韓流ファンをつかんできた。
 「春−」は、韓国ドラマブームの火付け役となった「秋の童話」「冬−」「夏の香り」に続くユン・ソクホ監督の四季シリーズ最終章。天才ピアニスト、チェハ(ソ・ドヨン)と、貧しいウニョン(ハン・ヒョジュ)の運命的な過去の出来事から起こる心の葛藤(かっとう)を描いた作品で、“映像の魔術師”ソクホ監督による美しい風景描写も魅力だ。
 主役の2人は新人俳優である。明るく健康的な笑顔を振りまくヒョジュは「このドラマがきっかけで日本からファンレターを頂いた」と感謝。演劇科に通うまだ大学生だ。一方のドヨンは「文化というものは歴史を越えて人の心を広がらせていくもの。この作品もラブストーリーの1つとして皆様の心に残っていただけたら」と若手らしからぬ落ち着いた発言。「冬−」のぺ・ヨンジュンやチェ・ジウのように多くのスターを輩出してきた監督作品だけに、2人の今後の成長が期待される。
 31日に特別番組「ようこそ春のワルツへ」(後11・20)が放送され、ドラマは4月7日(後11・10)からスタートする。(松本明子)

★[iza!]韓国ドラマ「春のワルツ」、地上波に登場 四季シリーズ最終章

お待ちどうです。
「春のワルツ」をBSの放送で見逃しがある方も、初めて見る方も、もちろんリピーターでもう一度みたいあなたも!
いよいよ「春のワルツ」地上波に登場です。

ユン・ソクホ監督ならではのベタな展開は「春のワルツ」でも健在ですよ。
「夏の香り」「秋の童話」「冬のソナタ」で涙を流してきた方は「春のワルツ」もおすすめです。
ユン・ソクホ監督の映像の美しさは有名ですが、四季シリーズの中でも映像美では「春のワルツ」がピカイチだと思います。

ソ・ドヨン王子のファンもミスターパーフェクト、ダニエル・ヘニーのファンもお見逃しなく!
31日の特別番組「ようこそ春のワルツへ」も楽しみですね!

★韓流スター列伝TOPへ


タグ:春のワルツ
posted by kan at 13:58 | 韓流スターニュース

ヨンさま日本のドラマ「ホテリアー」にも出演!

 韓国の人気俳優、ヨンさまこと、ペ・ヨンジュンがテレビ朝日系で4月から放送される連続ドラマ「ホテリアー」に出演することが14日、決まった。テレビ朝日によると、ヨンさまが日本のドラマに出演するのは初めて。

 「ホテリアー」は、ヨンさまが出演した同名の韓国ドラマを日本に舞台を置き換えて制作。名門ホテルの買収をめぐる群像劇で、主演は上戸彩。ヨンさまは、韓国版と同じ企業買収の専門家の役で数回出演するという。

 ヨンさまは「思い出深いこのドラマがどのような作品になるのか、今から非常に楽しみ。以前CMで共演した上戸彩さんをはじめ、魅力的なキャストです」と話している。

ZAKZAK 2007/03/15



これはまた話題を呼びそうですね。
視聴率獲得合戦が激しい今日この頃のドラマ業界。
「ホテリアー」を選んだこともなるほどね。と思わせてくれましたが、本家ヨンさまご出演となればその作戦効果もなかなか期待できそうですね。
要チェックです。

★韓流スター列伝TOPへ
posted by kan at 14:25 | 韓流スターニュース

イ・ビョンホン ドキュメンタリー番組の主人公に

“韓流スター”イ・ビョンホンを素材にしたドキュメンタリーが、KBS1TV<水曜企画>を通じて放送される。14日午後11時40分に放送される「イ・ビョンホン、世界を開く」編で、制作陣が2006年夏から最近までイ・ビョンホンに同行し、俳優として人間としてのカメラに収めた姿を1時間に渡り公開する。

イ・ビョンホンが現在示しているスター性とハリウッド進出の可能性だけでなく、その裏側に隠された日常の姿なども公開され、活発な海外活動についても細かく扱っている。

国内の教養番組で独占ドキュメンタリーを作るこの番組で、俳優として初めて出演し、キム・ジウン、パク・チャヌクなど共に仕事した国内有数の監督たちの目から見たイ・ビョンホンの姿が生々しく描かれている。

とくにハリウッドプロデューサーや、イ・ビョンホンの米エージェンシーである<Endeavor>のエージェントジェニー・ローリングズとのインタビューを通じて、ハリウッド進出の可能性についても聞くことができる。

2006年<釜山(プサン)国際映画祭>で、ハリウッド映画産業誌『Variety』から「世界舞台に進出できる最も好条件の韓国俳優」として選ばれたこともあるイ・ビョンホンは、現在世界的な映画監督と作品を論議しており、世界のスクリーンに向かって準備を整えている。

今年初めに左くるぶしを骨折し2週間の病院治療を受けたイ・ビョンホンは、現在ギプスを外し4月にクランクインするキム・ジウン監督の新作『いいやつ、悪いやつ、変なやつ』撮影のための準備に入っている。
Copyrights(C)segye.com & etimes Syndicate & wowkorea.jp
★[iza!]イ・ビョンホン ドキュメンタリー番組の主人公に

タレントとしてのカリスマ性だけでなく、役への真摯な取り組みと高い演技力で韓流スターの中でも別格の存在感をしめすイ・ビョンホン。
ぜひハリウッドでもアジアのレベルの高さを見せ付けて欲しいものです。
このドキュメンタリー日本のファンはいつ見られるの?




★韓流スター列伝TOPへ
posted by kan at 13:16 | 韓流スターニュース

Rain(ピ)独立? “事務所設立”ささやかれる

韓国を越え、アジアのスターとして最高の人気を博しているRain)が、JYPエンターテインメントと交わした5年間の契約満了を目前に控え、独立するのではという海外メディアの推測が続いている。

Rainほどの人気ならば、当然、所属事務所からの独立を考えるはずだという推測は、すでにかなり以前から出始めていた。しかし、来月予定されていた中国・上海での記者会見を、Rainが急きょ取り消したことにより、独立の可能性がより高まったのではないかと、中国メディアは予測している。

Rainはステージに立つこと以外、中国のメディアと接することはないと明かしたが、これは所属事務所との契約満了に関連する、答えにくい質問を封じようとするRain側の計算だと、中国メディアは解釈している。

一部では上海公演と関連し、現地のイベント企画会社と対立したことから、記者会見を取り消したのではないかという推測が飛び交う中、Rainの上海記者会見中止の理由について、様々な疑問が生まれている。
しかし、ほとんどの中国メディアは、Rainが自身の事務所を設立することを予測しているものと伝えた。
Copyrights(C)gonews & etimes Syndicate & wowkorea.jp


★韓流スター列伝TOPへ
posted by kan at 20:35 | 韓流スターニュース

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。