『私の名前はキム・サンスン』ダニエル・ヘニー、LAタイムズが注目

ダニエル・ヘニーが、米有力日刊紙LAタイムズに大きく取り上げられて、話題を集めている。17日、米紙LAタイムズサンデー版芸能セクションである“カレンダー”には、ダニエル・ヘニーのインタビュー記事が1面と8面にわたって大きく報道された。

1面に掲載された記事は8面に続けられ、紙面の全面を割いてダニエル・ヘニーとのインタビュー内容を取り上げた。LAタイムズは、2005年韓国に渡り、わずか2年間でトップスターになったこと、韓国に根をはる外国人として愛と人間関係を築くため孤軍奮闘しながら“文化的ハイブリッド”の役を担い、脚光を浴びているダニエル・ヘニーの活動などを詳しく紹介した。

現在ダニエル・ヘニーは、自身に固着したロマンチックガイのイメージから脱するために映画『マイファーザー』を撮影中である。『マイファーザー』は、米国に養子に出された男性が実の親を捜すため韓国を訪れるが、実の父は執行を待つ死刑囚だったという内容の映画。

ダニエル・ヘニーは映画で、実の親を捜すため在韓米軍に志願した“ジェイムズ”役を務め、死刑囚の父親役はキム・ヨンチョルが演じる。LAタイムズは、映画『マイファーザー』にも深い関心を寄せて、“カレンダーの1面と8面に『マイファーザー』の写真を記事と一緒に掲載した。
danielhenny.latimes.jpg
[innolife.net]『私の名前はキム・サンスン』ダニエル・ヘニー、LAタイムズが注目

ダニエル・ヘニー私も注目してます。
『春のワルツ』で最初に見たときはあまりの濃さに圧倒されたけど、ちゃんと芝居できるし、超いい男なのに親しみやすさもあって今では大好きになりました。
『ミスターロビンの落とし方』なんかもすごくおしゃれでセンスがよかった。
あのダンディズムを表現できる俳優さんはアジアでは貴重な存在だと思います。
顔がいいだけの俳優さんではないので『マイファーザー』も注目してます。

★韓流スター列伝TOPへ


posted by kan at 23:38 | ダニエル・ヘニー

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。